入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

住まいの購入に思う・・


何なんでしょうか、焦げてしまいそうな今夏の暑さは('・ω・`) ・・。

ところで先日首都圏在住の20~30代の独身男女を対象とした「住まいに関する意識調査」のリサーチ結果が発表され、これによると男女共「家賃がもったいない」女性では「老後が安心」などの理由により、独身男性4割弱、独身女性約2割が住宅購入を考えていることが分かったとか。尚且つ、フラット35の利用者割合は年々、単身男性が増加しているとか。
 
この記事を読んで「んー、わかるー、そうそう」と頷いてしまった。私も30代に突入した頃「このまま、ずーっとシングルかも知れない」と漠然とした不安を抱き、「歳を取ってからの賃貸は保証人の問題等、家主が嫌がるケースもある」等という話を聞いて不安になり、不動産購入を思い立った。そして初めて見に行った現在、住んでいる物件が古い(築30年超)ので手頃な価格で、管理体制はキチンとしているという理由だけで迷うことなく「即買い」したんだっけ。(人に縁っては早々に気に入った物件に巡り合わず、20~50件位、内見するそうですが・・)


今思えば、不動産屋サンにとって、最初の1件目の案内で迷わず決めてしまう、こんなに良い客(安易な客?)は居ないであろう。だからなのか、いざ契約、という日になって不動産屋サンが「新古物件とかでも買えると思うけど、こんな中古で本当に良いの?」と聞いて来た。内心「今更言うなヨ」と思いつつ、「自分の収入ではこの程度じゃないとローンがキツイし、迷い出したらキリが無いから良いです」と応えたことが懐かしい。あの一言って手付金を支払った後に気を変えさせないためのテだったのだろうか?


当時の私は将来の不動産価値等は全く考えていなかった。


マイホーム購入はとてもワクワクする大きな買物なので一度買ったら、簡単には交換も返品も出来ないので独身で家(マンション)を買う際は「一生結婚しないかも・・」と思って買った後に結婚することもあり得るので買ったマイホームが、後々「お荷物」にならないよう、買う前に立ち止まってよく考えて下さいネ!

 IMG_2246.JPG
 

  業務M

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ