入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

chega de SAUDADE

3月1日の早朝,仙台駅から仙石線に乗り石巻駅に向かっていた。

石巻の老人ホームに暮らしていた祖母が亡くなったのだ。

 

久々に野蒜(のびる)あたりから見る奥松島の風景が懐かしくて,

車窓から一枚撮ってみた。

 110301_080402.jpg

線路のすぐ脇はもう海だ。

知っている景色だけど,「おー,海だー」と小さく声に出した。

でも,どんより曇っていたから,さして綺麗とも思わなかった。

 

 

 

――田舎の葬式は,なんとなく,また何事もなく終わった。

少しだけしんみりして,それで,僕は東京に帰って来た。

帰りの新幹線ではもう東京での仕事のことやらを考えていた。

 

その10日後,彼の地をとてつもなく大きな地震が襲った。

いうまでもなく誰もが知っていることだ。

しかし,そこではテレビには映らない恐ろしい出来事が起こっているという。

 

仙台に住む父に電話を入れてみた。

(もっとも,話せたのはそれから2日後のことだけど…。)

「こちらはひとまず大丈夫だから心配いらない。

…あぁ,それと,石巻は大変だ。

おばあちゃんが入っていたホームも流された。

お年寄りがだいぶ亡くなったようだ」

 

 

…そうかぁ。

へぇー。

そうなんだぁ…。

それはつらいね。

……。

 

あぁ,うちのおばあちゃんももう少し生きながらえたら,

間違いなく,同じように波にさらわれて,めちゃくちゃにされてたね,

寝たきりだったし。

 

 

―― 晩年の祖母に対して僕は全くの不義理だった。

結婚の報告もろくすっぽしてないし,

もちろん老人ホームを訪れたこともなかった。

 

 

それなのに…。

常識で考えればそれは天寿なのだろうから,

ことさら意味づけする必要なんてないけど,

それでも結果として,祖母は孫子(まごこ)に危難が及ばない絶妙のタイミングで

初七日まで終えさせ, また自身としても現世を最大限味わって逝った。

今頃になってどうにも遅いけど,感謝しないと。

そう思うと, 少し泣ける。

 

 

 この数日間, 世の中のざわめきとかなり離れたプライヴェットなところで,

 ひとり,このことを考えている。

 

 

【bitter.me】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ