入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

その島の名は…《その3》

新しいエネルギー供給源に推移するのは仕方ないことかもしれない。

時代の流れは確実に石炭の終焉を告げていた。

 

1974年―――――

軍艦島(端島:はしま)は炭鉱の斜陽化に逆らうことなく閉山した。

孤島の海上都市から次第に人々が流出していき、衰退の一途を辿る。


閉山から約40年――――かつての繁栄は幻だったかのように今では廃墟の島。

しかし、炭鉱の孤島には当時の面影はそのままに、住人が置いていった集合住宅や高層アパート

など、貴重な建造物が多数存在しているという。


個人的なことではあるが実に興味深いと思った。その島だけ特別な時間が流れているような感覚。

おそらくは行ってみないと分からない、繁栄と衰退の歴史を知るには充分過ぎる代物。


そんな筆者の興味をそそる軍艦島が近年一般公開されているとの情報を訊いた―――。

 

 

                                            【通りすがりの職員T】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ