入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

購入意思決定過程のaisas

購入意思決定過程を表すものでaidmaが有名です。
attention -> interest -> desire -> memory -> actionです。

最近の業界紙に近年はaidmaからaisasへと変わってきた。
という話が掲載されていました。

aisasとは、attention -> interest -> search -> action -> share
だそうです。
知る、興味、インターネット検索、消費行動、情報共有。

自分自身の事を考えてみましても、例えばパソコン用品を購入する場合、
インターネットで商品の存在を知り、興味を持ったら
インターネットで検索し、そして、アマゾンで購入、
それをブログにて紹介する。などという流れでまさにaisasは当っています。

一般の商品の購入意思決定過程をそのまま不動産分野に
当てはめることは出来ない部分もあるように思われますが、
aidmaからaisasと言われる中で、考えるヒントとなる部分は
あるかもしれません。

例えば、アマゾンやカカクコム、食べログには「口コミ」情報があります。
口コミ情報は私の場合でいうところのブログに当たりますが、
その口コミやブログこそaisasモデルの "share(情報共有)"の部分になります。

アマゾンやカカクコム、食べログでは口コミ情報は人気があるコンテンツで
その情報を元に商品の購入を決める別の消費者も多いことと思われます。

ところが、その "share"にあたる部分は不動産情報サイトには
あまりないのではないか?
なければ、もしそういった "share" 要素を付加すれば、
そこに商機があるのではないか。

そのように新聞記事では分析していたわけです。

繰り返しになりますが、新しいマーケティングモデルが
そのままそっくり不動産分野に活かせるとは思えませんが、
考える下敷きにはなるのでは、と思います。

流通推進委員会を担当しております事務局職員としましては
大変興味深く記事を読みました。

事務局職員U

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ