入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

高尾山登山

こんにちは。

休日の土曜日、職場の職員総勢7名で高尾山登山をして来ました。
メンバーは男性5人、女性2人です。

9:40分スタート。
上りは6号路、下りは1号路を選びました。

s201918673_org.jpg

1ヶ月程前の昼休みの雑談中に上司二人が高尾山登山の話をしていまして、
「私もご一緒させていただけませんか。」と申し出たところ、
それならば企画をフルオープンにして参加者を募集しようとなったようです。

私はハイキングレベルの軽いものをイメージしていましたが、
想像よりも私にとっては険しく、勢いあまって左膝内側を痛めてしまったという
アクシデントも勃発・・・。

お天気は暑くなく涼しいくらいで最適温度でした。

頂上では桜が咲いていたり、趣がありました。

頂上から少し下ったポイントでビニールシートを広げ昼食を取りました。

上司がポットやコンロを持参していたので、
カップラーメンなど食べましたが、カップラーメンがこれほど
美味しいものだとは知りませんでした。

昼食後、私は膝の状態を気にしながらの下山でしたが、1号路は6号路よりも
はるかになだらかでよかったです。

上司の話では、1号路はベビーカーで登ってくる人もいるんだよ。とのことです。

そういえば・・・かわいいワンちゃん連れの方にも頂上で会いました。
1号路でいらしたのでしょうね。

女性の後輩から、「内田さん、1号路ならデート登山も全然アリですよ~。」と
励まされましたが、果たして私にそんな素敵な日は訪れるのでしょうか・・・。

1号路はなだらかでしたので、膝を気にしながらもゆっくり下山しようと最初は
思っていましたが、中間地点のリフト乗り場で決断を迫られ、
安全策で私一人リフトで降りることにしました。

高尾山を後にして・・・しかし・・・

膝を痛めてみて痛感したことがあります・・・。
駅のエレベーターがこれほどありがたい存在だったとは・・・。

こういうことは自分がその状況におかれてみるととてもよく理解できます。

新聞には膝痛対策のサプリメントの広告が掲載されない日は
最近では珍しいくらいです。
多くの方が膝痛に悩まれていることなのでしょう。

私は両親と同居していますが、やはり膝が痛いと言っています。

どなたでも、お歳をめされますと、そうなのかもしれません・・・。

そう考えるならば、バリアフリー住宅の必要性もよく見えてきます。

駅等公共場所のバリアも問題です。

私は高尾山口駅の階段を上がる時、もちろん一緒に行った6名の職員が
全員私をかばってくれましたが、早く上れないことにプレッシャーを感じました。

周りが仲間であれば、問題は少ないですが、
見ず知らずの他人が押し寄せる公共場所の階段で、極端にペースが遅いと、
ご自身のプレッシャーは大きいはずです。

であるならば、楽しいであろう外出を取りやめてしまうことだって考えられます。

半蔵門駅の国立劇場出口はエレベーターがなく、不満を漏らしている方と
よくすれ違います。

まさか、登山でこういう事を考えるとは思ってもみませんでしたが、
それはそれで良い経験でした。

次回は違うコースで高尾山登山する事を考えています。
十分に膝に気をつけながら、また愉しい休日を過ごせたらいいなと思います。

さー!月曜日が始まりました。
私の膝痛はおかげ様で、ほぼ気にならなくなりました。
ゴールデンウィークも近づいて来たところですし、今週も張り切ってまいりましょう!

事務局 内田 健太郎

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ