入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

ドイツ優勝!

こんにちは。

W杯終わりました。つかの間の1ヶ月のお祭り気分も終わり、少し寂しい気もします。
結果はドイツが24年ぶりに優勝し、南米開催のW杯では初となる欧州の国が優勝しました。

ドイツは、メッシやネイマールといったスーパースターはいないものの、高い組織力で勝ち上がってきました。
決して派手とはいえないですが、16大会連続ベスト8以上の結果を残していたりと、結構その堅実なところが好きだったりします。


さて、そのドイツは過去に世代交代が上手くいかず、成績が低迷していた2000年前後の反省を活かして、2006年からずっと同じ監督のもと、チームを強化してきたようです。
その結果、今回のW杯では02、06年に出場したベテラン組と、10年に出場した中堅組、そして今回初出場となる若手組が上手く融合し、選手層を厚くさせました。

代表チームとなるとつい「個」の力(日本ですと、本田、香川といったところでしょうか)にチームは依存しがちですが、その「個」の選手が不調だったり、けがをしてしまうと、そのチームの戦力はガクンと落ち、負けてしまいます。
しかしドイツは「個」よりも従来どおり規律や組織の力を重んじ、更には幅広い選手層で本大会に挑み、優勝を掴んだという訳です。


私はふと考えたのですが、ビジネスや組織内でも、同じようなことが言えるのではないのかと思いました。

目先の売り上げを目標(優勝)にしたり、すごいデキる人材(スーパースター)が居ても、短期的には良い結果を生むかもしれませんが、長期的にはどうなのでしょうか。もし、そのデキる人が辞めちゃったら?目標のために無理をしてケガや病気になったら?

そのような事態を避けるためには、「個」の力もある程度は重要かもしれませんが、若手、中堅、ベテランといった力がまんべんなく組織内にいて、誰かが欠けても大丈夫なように、バックアップ体制をとることが欠かせないのではないかと。
そして、次から次の世代へと常に新陳代謝を図ることが大切な気もします。


全日事業課 岡田

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ