入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

「さとり世代」


最近、「さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち」という
本を読みました。
著者は、博報堂若者研究所リーダーの原田曜平さんです。

s070714_101441_AM.jpg

とても面白かったです。

私はテレビを全く見ないのでわかりませんが、恐らく
テレビにもよく登場されていらっしゃるかたでしょう。

実は全日関東流通センターで近々、原田さんを講師として
お招きしまして、ご講演いただく予定になっています。

それが・・・7月16日(水)津田ホールにて開催されますセミナー
「 不動産業者として知っておくべき”さとり世代とヤンキー経済”です。 」

サブタイトルが「 イマドキの若者は何を求めているか 」

原田さんの本を読んだこともあり私もとても聴きに行きたいのですが、
残念ながら私は研修会担当ではないので、当日は別の業務に
あたる予定です。

さて、書籍「さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち」の
中ではいくつも面白いエピソードが紹介されていましたが、
その中から少し話をご紹介しましょう。

まず、さとり世代とはどんな世代かといいますと・・・

本の中では、さとり世代=ゆとり世代と定義付けていました。
原田さんは1977年生まれですから、ポスト団塊ジュニア
となるそうです。
私はといいますと、1973年生まれですから団塊ジュニアですね。

ゆとり世代の下の世代をさとり世代と思っていましたが、
この本の中ではゆとり=さとりとしたそうです。

書籍の中では原田さんを中心にゆとり世代の大学生50人ほどとの
グループセッションを中心に話が進んでいきます。

全体を通して感じたことは、さとり世代の若者はとても”効率”を気にして、
”コストパフォーマンス”を重視する。そして周りの雰囲気に
大変気を遣う。そんな人物像が想像出来ます。

自動車が売れない、お酒もタバコも売れない、消費に対してとても
消極的。

しかし、そういった若者たちにも消費をしてもらわなければ
経済が立ち行きません。もちろん、住宅に関してもです。

さて、若者を研究の専門家でいらっしゃる原田さんは
7月16日の研修会でどのようなお話を聴かせてくださるのでしょうか。

セミナーお申込みですが、今週いっぱいで〆切ます。
インターネットからもお申込み可能です。


事務局 内田 健太郎

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ