入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

~最近の言葉から~ H27.4.22

今年に入って早1/4が過ぎた。

真新しかった手帳もいつしか手に馴染み、筆者の予定欄に乱文が舞踊る。

惜別の演出の役目を終えた桜前線が東北に移り行き、この時期は新たな環境に身をおく方もおられるだろう。

五月晴れ待ち遠しい最近出会った言葉たち-----。

 

地方に転勤になった知己と久しぶりに初詣に行った三ヶ日。当初はあれほど嫌がっていた地方での生活も慣れ、余裕も出てきたのだろう。

『地方勤務になったら、食生活が変わった。こんなに魚が美味しいとは思わなかった。安い上に東京では市場に出ない魚もある。転勤もわるくなかったかもな。』

 

30年来の知己がこの2月で初めて父親になった。小学校の頃、学校から自宅までの通学路で石ころ蹴りながら帰っていた時代を笑い合う。

『今じゃ交通量が多く、きれいに舗装されており、蹴飛ばせる手頃な石さえない。自分の子供にも友達と一緒に石ころ蹴りながら元気に帰ってもらいたいもんだ。』

 

大学入学時からの知己が先月結婚した。それもちょうど知り合って今年で20周年という節目だ。

共に社会人となってからも遊びに旅行に資格試験の勉強にと独身を謳歌してきた仲間が力強いパートナーを得て家庭に入っていく。

披露宴で御親族様の挨拶にて

『二人には【二人占め】という言葉を送ります。もちろん、こんな言葉は日本語にはありません。

ただ、今まで独り占めしていたことを分かち合い、二人だけの幸せを【二人占め】していって下さい。』

 

筆者の話で恐縮だが先月末、身内の十三回忌法要があった。お経の後、住職より法話を戴いた。

『仏の教えに【四恩】という言葉があります。四恩とはすなわち ①親の恩②自然の恩③社会の恩④仏の恩 を現します。

私達はこの四恩によって生きて生かされています。そうして人を知り、人を思い、人に触れ、人になってゆくのです。

今、皆さんは故人を偲んでいます。偲ぶとは人を思うと書きます。』

惜別の彼方にはまだ見ぬ出会いもあるだろう。

春の予感は不安を伴う。一抹の淋しさは春風と共に吹き流してもらうことにしたい。

 

                                 【通りすがりの職員T】

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ