入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

今年の社会保険労務士試験の合格率が極端に低かった問題

先週末、久し振りに筆者の携帯電話が震えた。
古い端末の背面にある小さな液晶パネルには知っている名前がリズムよくバイブレーションに合わせて点滅していた。
普段はメールなのに珍しいこともあるもんだ。
 
かつて資格取得のために通っていた学校の際に知り合った勉強仲間から、年に一回お世話になった恩師を囲んでの忘年会企画―――。
となれば断る理由などあるはずもなく、承諾のうちに電話を切った。
 
年に一回しか会えないとなればそれぞれの近況報告や初めての場合は自己紹介等々話題に欠くことはないのであるが、毎年必ず出る話がある。
それは今年の社会保険労務士試験の話ーーー。

 11月6日(金)
 第47回社会保険労務士試験の合格発表があった。
 毎年4万人強の受験生が挑戦するも合格率は6~9%と1割にも満たない狭き門である。
 筆者も毎年この合格発表が公表される度にチェックしており、合格率の推移を注視してきた。
 しかし今年の発表に至っては正直驚いた。
 
 受験者数  40,712人
 
 合格者数   1,051人
 
 合格率       2 .   6%
 
 おそらくは社労士試験始まって以来、一番低い合格率だろう。
 こういった試験は社労士試験に限らず、宅建試験や行政書士試験、司法書士試験も然り、絶対評価であるため、合格基準に基づいた点を取ることが出来れば合格扱いとなる。

今年、社労士試験を受験された40,000人の内、39,000人が涙をのんだ。

激戦を勝ち抜き栄冠を掴むことが出来たのは僅か1,000人ーーー。
合格率が低いということであればその試験の難易度が想定できる。
いささか気の毒なような気もするが、これが勝負の世界だ。
確実な理解力と確固たる自信。それにひとかけらの運ーーー。
 
社労士の試験問題を毎年拝見しているが、今年は難問・奇問が特に目立った。
また、設問の長文化が際立ち、受験生を苦しめた。
特に『労働管理その他の労働に関する一般常識』(以下、「労一」)に泣かされた受験生は多いと思う。
実は筆者も今年の試験問題を解いてみたが、いやはや難問。
今年の合格者に対しては頭が下がる。
また、不本意な結果になったとしても、環境が許すならば再度挑戦してもらいたいとも思う。

そして合格したら気づくことも多々あるかもしれない。スタートはそこからだ。

冒頭に戻り、来月の忘年会で久しぶりに恩師と同期達に会う。
我々の代も気づけば10年が経った。いつの間にか先輩という立場になり、アドバイスなんてものを求められる。
ほろ酔い気味で大それたことなんて言えるわけがないが、社会保険労務士の醍醐味だけはお話しようと思う。

無論、泥酔してしまわなければの話であるが。。。

 

                                           【通りすがりの職員T】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  東京で不動産業・宅建業を開業する際は、(公社)全日本不動産協会東京都本部へご入会を♪

      ご入会に関する詳細はコチラのページへ(お問合せ先:03-3261-1010まで)

  ラビーちゃんのLINEスタンプ配信開始しました!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブログの紹介

協会職員が協会や業界動向など日々気づいたことを書いていきます。

ページのトップへ