トップページ > 師走に思うこと

師走に思うこと

協会ブログ 協会職員が協会や業界の情報を日々更新!

協会ブログ

協会職員が協会や業界の情報を日々更新!

師走に思うこと

私の住む街に、庭園が美しい洋館がある。その洋館は文学館として、この土地にゆかりのある文人の功績が収められている。私は、この洋館の雰囲気が好きで時々、散歩に出掛け、心癒されるひとときを過ごす。

普段は拝観料を徴しているため、滅多に建物の中には入らないが、先日たまたま無料で開放していたので、中を覗いてみた。すると、この洋館を建てた方に関する記述があった。その方は、幕末土佐の出身であり、脱藩後に長州にて高杉晋作、木戸孝允らと交わり、討幕運動に奔走したほか、中岡慎太郎の陸援隊を継いだ志士であったこと、さらには、その方の著書が出版されていることを知った。

日本史の中でも、特に幕末から明治近代史について興味がある私は、早速、その著書を買い求めた。幕末維新の風雲を駆け抜けた著者の回顧録は、実体験であるからこその迫力があり、司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」の中にも、エピソードが引用されているほどである。今年もまたNHKのドラマ「坂の上の雲」も始まったところだが、歴史を振り返るとき、  幾多の先人の苦心や英知が折り重なり、今日の日本が成り立っているとの深い感慨を持つ。

 近頃、日本がTPPへの交渉参加に関する話題がニュースになった。賛成派、反対派皆それぞれの立場から利害が交錯する。さながら幕末における、攘夷か開国かの議論にどこか似ているようにも見える。

TPPへの交渉が不動産業界に与える影響はどの程度のものか想像すらできない。しかし、公益社団法人に移行する協会の事務局職員として、一個の主体として、公益とは何かを模索しながら、日々の業務に励んでいきたいと考えている。

(業務三課N)


《入会問い合わせ専用ダイヤル》

フリーダイヤル 0120-04-0128

※入会以外に関するご案内は対応不可

《その他お問い合わせ》

03-3261-1010(代表)

03-3262-5082(講習センター)

営業時間:トップページよりご確認ください

不動産関連業務ツール&アプリ

-ラビーネット-

詳しくはこちら

  • 入会問い合わせ専用フリーダイヤル
  • 0120-04-0128

  •