トップページ > クラリネットについて

クラリネットについて

協会ブログ 協会職員が協会や業界の情報を日々更新!

協会ブログ

協会職員が協会や業界の情報を日々更新!

クラリネットについて

皆さんクラリネットという木管楽器をご存知だと思いますが、音を出すにはリードというものが必要になるそうです。
息子が中学の吹奏楽部で活動しており、クラリネットパートを担当していることから私は知りました。

ウィキペディアによるとリード は、楽器に用いられる薄片をいい、振動して音源となる。簧(した)ともいう。
語源は、葦(reed)であり、今日の木管楽器のリードはその一種であるArundo donax、和名ダンチク(暖竹、葮竹、葦竹(よしたけ))製であることが多い。
フリーリードは金属やプラスチックで作られる事が多い。
また、薄片を用いない空気の渦流や、唇の振動を用いる振動気柱もリードと称することがある。

だそうです。

消耗品のため、バンドレン社製一箱10枚入りのものを概ね2ヶ月に1度の割合で購入しているようです。

111214_223606.jpg
ただし、10枚の内2枚位しか納得のいく いわゆる「当たり」がないそうです。そんなこんなで 本番に使えない?使わない?リードが山済みです。

111214_223708.jpg

日曜日はアンサンブルコンテストが開催されるため応援に行ってきます。


 

《入会問い合わせ専用ダイヤル》

フリーダイヤル 0120-04-0128

※入会以外に関するご案内は対応不可

《その他お問い合わせ》

03-3261-1010(代表)

03-3262-5082(講習センター)

営業時間:トップページよりご確認ください

不動産関連業務ツール&アプリ

-ラビーネット-

詳しくはこちら

  • 入会問い合わせ専用フリーダイヤル
  • 0120-04-0128

  •