入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

2013年2月の一覧

その島の名は…《その4》

訊いた噂は本当だった。

今から4年前の2009年―――。

閉山してから島の出入りは禁止されていたが、35年振りに一般観光客の上陸が可能になった。

どうやら旅行会社も既に軍艦島の上陸ツアーがあるらしい。


かつて繁栄を極めた炭鉱の孤島は、再び人を受け入れ始めた。


おそらくは当時では最先端の技術を施したであろう集合住宅や炭鉱施設、また多くの都市機能の

遺産が黙し座しているのだろう。

軍艦島は石炭産業時代の象徴なのかも知れない。


見たことも行ったこともない筆者にとっては、ただただ想像がふくらむばかり。一時代の軌跡と名残り

がそ体験できるだけでも一度は訪れる価値は十分にあるかもしれない。


ちなみに軍艦島は世界遺産暫定リストに記載されているとのこと。

筆者が訪れる頃には世界遺産に登録されているだろうか。

 

                                                                                                  【通りすがりの職員T】

東京マラソンへ参加

こんにちは。
事務局職員岡田でございます。

トピックスにも掲載されてますとおり、東京都本部では2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致活動の一環として先日行われました東京マラソンに参加し、招致PRのため都本部から私を含む4名が、PRたすきとユニフォームを着て出走いたしました。

私は初のマラソン大会参加でしたが、当日は快晴。風が少々強いものの、良いマラソン日和でした。
しかし2週間ほど前に膝を痛めていたため、不安を抱えての本番でした。


さて、スタートはこの様子。
tokyomarathon1.JPG
3万人以上いるランナーのうち、後方からの出発でしたので、号砲からスタートラインを超えるまで20分ほどかかりました。


スタートラインを超え、少しは順調に走っていたものの早々に膝に違和感を感じ、15km辺りで抱えていた膝痛が本格的に発症。「完走できるかな~」と思い我慢しつつも、痛みに慣れたのか、除々に膝痛は和らいできました。

沿道の応援も圧巻で、特に銀座から浅草までの往復は人が多く、かなり励まされました。
tokyomarathon2.JPG
(スカイツリーとランナー)


ところがコース終盤、橋のアップダウンに苦戦し、思うように足が前に進みません。
なんとか歩きながら時間制限の関門をくぐって、6時間ほどで完走。

ゴールと同時に完走メダルと、記念タオルを頂きました。
tokyomarathon3.JPG


普段は何の目標もなくジョギングをしていた私でしたが、このような大イベントで出走し完走できたことはとても光栄でした。

招致PRも、成功したのではないかと思っています。
2020年オリンピック・パラリンピック、東京での開催を切に願っております。

全日事業課 岡田

東京マラソンの応援に行って来ました。

皆様こんにちは。事務局職員Uです。

昨日東京マラソンが開催されました。
応援に行ってきたわけですが・・・

とても感動的でした。

10km地点で応援していましたところ、
トップで車椅子のランナーが猛スピードで走り抜けていきました・・・
強く心を打たれました・・・


コスプレイヤーもたくさん参加されていて、
どらえもんやアイアンマン、バットマンなどヒーロー達も
一生懸命に走っていました。

ブログでお馴染みの岡田職員は完走しました!

参加されたランナーの皆さん、本当にお疲れ様でした。
皆さんの中で貴重な思い出になったことと思います。
感動をありがとうございました。

    (写真中央白い帽子は当本部 高山専務、右の若い笑顔のイケメンが岡田職員です。)
resize0010.jpg

宅建試験合格者の氏名公表が無くなりそうです

現状の宅建業法施行規則では、宅建試験に合格した方の氏名を都道府県知事は公告することになってますが、
国土交通省では受験番号のみの発表に移行することを検討してます。

 

都庁の発表会場において、合格の記念に自分の名前をどうしても撮影しておきたい方は、パブコメに意見しましょう。

 

パブリックコメントは、こちら

 

全日事業課.O

iPadセミナー・流通情報交換会を開催しました

こんにちは。
事務局職員岡田です。

さて、2月18日(月)パレスホテル立川において、東京都本部主催のiPadセミナー・物件情報交換会を開催いたしました。

会場が立川ということもあり、多摩地区の会員様が多く参加されていらっしゃいました。
iPadの魅力を伝えるのには限られた時間ではございましたが、多くの参加者の方が熱心に聴講されていました。


iPad20130218.JPG




さて第一作から25年、待望の第5作目「ダイハード・ラストデイ」が公開しました。
いつもこのシリーズはハラハラしながら見ています。

「世界一ついていない男」、主人公のジョン・マクレーン刑事に今回も期待です。


全日事業課 岡田


気負わない食事

先日友人の結婚パーティーに出席したときのことですが、
お箸でコースメニューを食べる機会がありました。
(写真ではわかりにくいですが…)
 
image130219.jpg
普段使い慣れているお箸でコースメニューを食べるのは
とても新鮮な感じで、また気負わずにリラックスして過ごせました。

もともとお箸を出すレストランなのか、友人の配慮なのか詳しいことは
わかりませんが素晴らしい一日でした。

そして友人のHさん、本当におめでとう!!

【財務Y】
 

iPad活用・体験セミナー

パレスホテル立川で開催されました
iPad活用・体験セミナーにスタッフとして参加してきました。

ご参加いただきました会員さんありがとうございました。

出席率は9割を超え、iPadに対する関心の高さもうかがえました。

今回は不動産投資分析ツールとして「REFIA」というアプリの
ご紹介もさせていただきました。
皆様熱心にiPadを操作されていました。

iPadだけでなく、Androidについても
今後の流通推進委員会でセミナーを開催できるよう
事務局職員としては提案していきたいと思っています。

また、併せてUSTREAM中継などもできたら
セミナーの雰囲気をお伝えできるかな。とも考えたりしています。

平成25年度の流通推進委員会の事業に
今後もご期待ください。

事務局職員U

その島の名は…《その3》

新しいエネルギー供給源に推移するのは仕方ないことかもしれない。

時代の流れは確実に石炭の終焉を告げていた。

 

1974年―――――

軍艦島(端島:はしま)は炭鉱の斜陽化に逆らうことなく閉山した。

孤島の海上都市から次第に人々が流出していき、衰退の一途を辿る。


閉山から約40年――――かつての繁栄は幻だったかのように今では廃墟の島。

しかし、炭鉱の孤島には当時の面影はそのままに、住人が置いていった集合住宅や高層アパート

など、貴重な建造物が多数存在しているという。


個人的なことではあるが実に興味深いと思った。その島だけ特別な時間が流れているような感覚。

おそらくは行ってみないと分からない、繁栄と衰退の歴史を知るには充分過ぎる代物。


そんな筆者の興味をそそる軍艦島が近年一般公開されているとの情報を訊いた―――。

 

 

                                            【通りすがりの職員T】

Instagram(インスタグラム)

こんにちは。

FacebookやTwitterなどSNSが流行っていますが、皆さんInstagramという人気のSNSはご存知でしょうか。

簡単に言うと写真のTwitter版、といったところでしょうか。
「なら、Twitterのつぶやきに写真をくっつければいいじゃん」という話にもなってしまいそうですが、Instagramはケータイで撮った写真を本格的に加工でき、ちょっとオシャレな感じにつぶやけるのです。

例えばこの写真

Instagram1.jpg

を、こんな感じにミニチュア風にしたり・・・

Instagram2.jpg

この写真はボカシと「1977年代風」というフィルタを使ってみました。

Instagram4.jpg

このように物件写真なんかアップして、営業に活かすのもアリなのではないでしょうか。


全日事業課 岡田

スタークルーズプラネタリウム

こんにちは。

行って参りました。
六本木ヒルズスタークルーズプラネタリウム

starship.jpg
設定は写真のスターシップ(模型です。ちょっと暗くて見づらいですが・・)に私たちが乗って、土星ステーションへ行くという物語。
財務Y氏が行った「SPACE BALL」と同じように360度、宇宙空間が楽しめます。

このスタークルーズプラネタリウム、2/11までなので是非!

全日事業課 岡田

ページのトップへ