入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

2015年1月の一覧

New year's resolution

明けましておめでとうございます。

 

お正月休み中、家の近くのお寺へ初詣に行きました。

 

昨年はインフルエンザにかかり10日間程ダウンしたので、今年こそは1年健康に過ごせるようにお願いしました。

 

また、昨年11月頃から読み始めた本があるのですが、なかなか進まないため、今年はしっかり読み進めていけるように、お祈りしてきました。

 本門寺

ダビンチコードで有名なダン・ブラウン作の「天使と悪魔」という作品の原書を読んでいます。

日本ではあまり感じられない宗教観が描かれているため、ストーリーの理解が難しく、じっくり読まないと迷子になりそうな内容です。やはり電子辞書に頼ってしまいます。

 

最初は英語の勉強のためと思い、読み始めました。

けれど、宗教や歴史が多く出てくることから異文化への興味も深くなりました。

 

異文化といえば、今後日本には外国からの労働者が増えることとなるかと思いますが、それにあたって、東京は異文化の混じり合う国際色豊かな町へと変容していくかもしれません。

食文化の違いはよくメディアで取り上げられ分かりやすいですが、住文化・家・地域の繋がりの違いはどういったものなのでしょうか…。

この疑問の解決も今年の目標の一つになりそうです。

…こう考え出すと止まらないのが、読書が進まない原因かもしれません。

 

今年もよろしくお願い致します。

全日事業課S

今年も宜しくお願い致します。

 

あけましておめでとうございます。

私は年末地元に戻ったのですが、しばらくいない間に空港にLCC専用ターミナルが出来ていたり、
巨大ショッピングモールが建設中だったりとすっかり様変わりしていることに驚きました。

また、観光客の方が昔よりも増えているような気がし、それ自体は大変喜ばしいことなのですが、
その分年末年始の飛行機のチケットが高くなるので、嬉しいような悲しいような複雑な心境です…

さて、2015年がスタートして早一週間以上が経ちますが、今年はやり残したことが一つもないような1年にしたいと思います。
今年も何卒宜しくお願い致します。

総務課 S

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。今年も協会ブログを宜しくお願いします。
さて、あっという間にお正月も終わり、今週から仕事モードです。

年末年始はというと、学生時代の友人と忘年会をしたり、なかなか会えない親戚と顔を合わせ、自宅で団欒と貴重な時間を過ごしました。
忘年会では結婚をしている友人も多く、このような機会でないと会えません。「子どもが生まれた」とか「家を建てた」とか、話題も学生時代とは違い、独身の自分にとっては話題についていけず、何だか取り残されている?ような少し寂しい気持ちにもなります。

次回の忘年会では、今度は自分がいい話題を話せるよう、2015年頑張って参ります。
本年も宜しくお願いします。

全日事業課 岡田

本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

皆様はどのようなお正月を過ごされましたでしょうか。

私は元旦朝5時から帝釈天に初詣に行ったり、午後10時に秋葉原へ行ったり、午後1時に上野で焼き肉ランチに行ったりといった、パワフル・エネルギッシュ・アブラギッシュで多様性のある価値観を大切にした極めて個性的なお正月となりました。

さて、将来の住まいをどうすべきかなどと正月早々考えています。

将来は二世帯住宅に建て直し、1階に私が住んで2階を賃貸にして、その収入を得ることなどができるのかどうかや、将来私に介護が必要になった頃には、円熟したリバースモーゲージ制度に期待できるかどうなのか。など、そのような類です。

間近な問題では、ハイブリッドピアノ導入を見据え、部屋の防音室を撤去し、全体として部屋を広く使えるようにしたい。そういう生活もいいかもな。などと考えています。

いろいろ考えますが、日々の生活に集中しているとよりよいアイディアや、ソリューションへと自然と導かれたりもしますので、まずは、毎日積極的かつ真剣に人生に関与したいと考えています。

本年もよろしくお願いいたします。

事務局 内田健太郎

明けましておめでとうございます

 

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

皆さまご承知のとおり本年の干支は乙未です。

60年前の 乙未は、高度成長の始まりの神武景気が実質スタートした年ということで、本年その再来があれば何よりです。

そして、本ブログを訪問していただいている皆さまにとりまして幸多き一年になりますようご祈念申し上げます。

 

全日事業課.O

ページのトップへ