入会諸費用のご案内

入会資料を請求

お問い合わせ

協会ブログ

不動産東京1月号のインタビューは・・・

今月25日(水)以降、会員の皆様のお手元にお届けする不動産東京1月号では、

元フィギュアスケーターで、現在実況解説を中心にご活躍されている八木沼純子さんにインタビューいたしました。

冬のスポーツということで、東京五輪2020には直接的な関係はありませんが、アスリートとして開催地に期待することや課題をお聞きしました。

KIMG0018

 

私は、フィギュアスケートの放送があれば必ず見るほどなので、最近のフィギュア事情など聞いてみたかったのですが、緊張してあまり聞けず・・・

唯一、東京というまちを絡めてひとつ質問をさせていただきました。

フィギュアスケートといえば、中京大のある名古屋近辺、関西大を中心に近畿圏、また仙台周辺の出身スケーターが多いという印象でした。東京っていうとあまりイメージはないのですが、東京はスケートしにくいまちなのでしょうか?

 

という質問に対し、

最近は東京出身のスケーターも活躍してきており、例えば、2016年の全日本選手権で銀メダルの樋口新葉選手は東京出身。

ただ、東京都内のスケートリンクは減ってきているそうで、練習拠点の確保は困難な状況のようです。

 

その他、たくさんのお話を伺いましたので、ぜひ本誌をご覧ください。

 

全日事業課S

ページのトップへ